金魚の病気が悪化「薬+塩水浴」やり方と治療方法 桜錦の赤班病

訪問ありがとうございます。
鎌倉FM放送からお届けする”世にも珍しい金魚のラジオ番組”「金魚と遊ぶ.com」も宜しくお願い致します。 
鎌倉FMは電波の届かない地域からでもPC又はスマートフォンでお聴きいただけけます・・・
武家の古都、湘南・鎌倉の風をラジオから感じてみて下さい。

下の”鎌倉FMバナー”から聴く事が出来ます
(リンク先で▷をクリックして下さい)

banner.gif

次回の放送は・・・
1月8日(月)夜7時10分~30分
お聴き逃しなく!

dhkjflt2dtoakfh1458296592_1458296810
Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

桜錦の病状が悪化してきた。

昨日、お伝えしたように水槽の水を換えて様子を見たのですが・・・

悪化してしまいました。

赤班病の経過

エラから非常に近いという事もあって危険を感じます。

yjimagec8ltzewb

別の部位ならばエルバージュエースを直接指で擦り込む方法を取るのですが、この個所はリスキーです。

ですから別の方法で治療します。

治療方法を紹介していきますが、あくまで私個人のやり方です。金魚の状態に見合った方法が必要です。これはあくまでも一例ですので、この方法で事故が起きても責任を負いかねますのでご了承ください。

治療方法

桜錦はまだまだ食欲が旺盛で元気。

体力があるうちに「エルバージュエース+塩」の方法で行きます。

隔離療法

この療法ですと他の元気な金魚は一緒にしたくないので隔離します。

発泡スチロールの箱と小型水槽、エアポンプを用意します。

金魚飼育にあると便利な発泡スチロールの箱
金魚を飼うならぜひ持っていたい発泡スチロールの箱この数日前に桜錦が調子を崩していまして。塩水浴治療をする事にしました。 塩水浴塩水浴治療 つ...

塩水浴

効果

塩には様々な殺菌効果があり、塩分に病原菌の殺菌効果が期待できるんです。

余談ですが私、以前「水虫」になった事が有りまして・・・

サーフィンにするついでに水中で患部を擦っていたらあのしつこい水虫が薬無しで治ってしまったんです。

塩の効果って凄いんですよね。

それと、金魚の体の塩分濃度は0.5%~0.6%と言われていて、水槽の水の塩分濃度を合わせる事によって浸透圧の調節が楽になり、体力の消耗を軽減できるんです

人間で言うとスポーツ選手などが使用する事で話題の「酸素カプセル」的な役割ですかね。

この効果を利用して薬の効きを良くしようって作戦なんです。

塩水浴の方法

水の塩分濃度が0.5%~0.6%位になるようにします。

水1ℓに対して塩5gです。

今回の場合私は、エルバージュエースの希釈計算がし易いように24ℓので治療するので、水を用意します。

カルキは抜いて水温も合わせエルバージュエースを溶かした水です。

※コチラの記事を参考にして下さい。

エルバージュエースの希釈方法。
エルバージュエースの使用方法使い方の難しい「エルバージュエース」について書いてみたいと思います。※使用方法や注意事項は下のリンクから確認して...

この水量に0.5%~0.6%位だと、24×5で塩の量は約120gです。

先に金魚を水槽に入れ、その後塩をゆっくりと投入してていきます。

この時注意したいのがけして塩をかき混ぜない事

自然に溶けるようにします。

じゃないと急な水質の変化で金魚に負担をかけてしまいますからね。

因みに・・・私が使ってる塩は、普通にスーパーで販売している

「塩事業センター」の塩です。

さいごに

エルバージュエースは光を当てると薬効成分が分解されてしまうのでなるべく遮光します。

この時期特に日中と朝晩の水温変化が激しいので水温管理には注意が必要になります。

ですから、このように発泡スチロールの箱に入れる事で保温効果を期待します。

以前記事にした東錦の様な失敗の無いように、万全を期して絶対完治させたいです。

また、経過を報告していきます。

金魚の難病 穴あき・赤班病 勝美商店コンディショナーで治療
Калашников(カラシニコフ)先日からお伝えしているように桜錦の「ブー」の頭部にデカい穴が開いてしまいました。致死率の高い難病金魚専門...
Pocket
LINEで送る

金魚と遊ぶ.comではYouTubeで動画をアップしております。ぜひご覧ください。
YouTube 金魚と遊ぶ.com

ランキング参加中!
金魚のchu!画像をクリックして下さい。
順位UPのご協力をお願いします!


本日も最後までお付き合い頂きまして、ありがとうございました。
次回をお楽しみに!

toiawase


現在コメントは受け付けていません。
Sorry, I do not currently accept comments
取材、広告等のお問い合わせは、下のフォームをご利用下さい。

スポンサーリンク