ラジオパーソナリティーまでの道のり

訪問ありがとうございます。
鎌倉FM放送からお届けする”世にも珍しい金魚のラジオ番組”「金魚と遊ぶ.com」も宜しくお願い致します。 
鎌倉FMは電波の届かない地域からでもPC又はスマートフォンでお聴きいただけけます・・・
武家の古都、湘南・鎌倉の風をラジオから感じてみて下さい。

下の”鎌倉FMバナー”から聴く事が出来ます
(リンク先で▷をクリックして下さい)

banner.gif

次回の放送は・・・
10月9日(月)夜7時10分~30分
お聴き逃しなく!

IMG_0137
Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

鎌倉FM 金魚と遊ぶ.com

金魚話の前に・・・

次回のオンエアーの告知をさせて下さい。

6月のオンエアー

13日火曜日の午前11時20分~40分の20分間

IMG_0345

今回は調子よく金魚病気の事や水棲疾病基盤研究所(旧勝美商店)さんのことなどしゃべっちゃってます。

金魚を白点病にしてしまっているのにもかかわらず💦

IMG_0352

何故、歳をとると時の経つ感覚が早いのか?・・・などの話題も。

手にしているのは鎌倉エフエムのカマキチ君

IMG_0356

トーク中にカマキチ君が❝ガーッ❞と相槌を打ってくれたので助かりました

ラジオパーソナリティーまでの道のり

ラジオの番組ってそんなに簡単に持てるんだぁ・・・

と言われる事が多いこの頃

イヤイヤチョット待って下さい。

あまり言うと自慢なっちゃうんで控えていたのですが・・・

他のパーソナリティーやラジオDJの方、それを目指している人達に失礼になってしますので言わせてもらいます。

全然簡単じゃなかったです

ローカルラジオ局とはいえリスナーの多い人気の鎌倉FMですから、まず放送枠がないんです。

何故、鎌倉FMが人気なのか?

それは、鎌倉がいつも住みたい街ランキング上位に名を連ねる街であるが故、移り住んだ人たちの地元愛が強いのです。もちろん代々住んでいる人も

なのでラジオも地元密着のローカル局が愛されているんですね。

そんな人気局でも私のような素人がパーソナリティーになれた理由は?

※ブログが評価されたという事。

何回か鎌倉エフエムの番組にゲスト出演していたので直接アピールが出来た事。

鎌倉の古くからの和文化と金魚の融合への期待。

そして何より、金魚の普及活動に協力頂けた事!

残念ながら現在金魚業界が低迷する中、「少しでも金魚業界発展への力になれるなら」とご協力頂けたのです!

ここは金魚業界の皆様にもわかって頂きたいところです。

※ブログ=全国からのラジオリスナー確保

鎌倉エフエムはインターネット配信を始めたので、環境さえあれば世界中どこでも聴く事が出来るようになりました。

私のブログで全国の皆様に知ってもらう事に期待してもらっています。

話し方の練習方法

しかし私は正真正銘のど素人。

一人前になるには日々のトレーニングが欠かせません!

ラジオパーソナリティーになるための学校などに通ったわけでもないので、自分なりにトークの練習もしてたりします。

今はこの本「たった1日で声まで良くなる話し方の教科書」に習って練習しています

IMG_9398[1]

プロのアナウンサーですから書いてあることが的確でわかりやすい!

話すのがが苦手な人にもおすすめ

応援よろしくお願いします

ブログ管理にラジオ出演。

正直キツイ事も多々ありますが、読者の皆さんが私のモチベーションです!

現在ラジオは月1回ですが、だんだんと慣らしていって、そのうち隔週→毎週と増やせたらいいなぁ

その為にはラジオ局の評価が必要

なのでもし、ラジオを聴いて下さる方がいらっしゃいましたら

こちらの⇒ 鎌倉エフエムHP から番組宛に簡単な感想・メッセージを書いてもらえたら嬉しいです。

どさくさに紛れて調子よく厚かましい事をお願いしちゃいましたが・・・

何卒応援よろしくお願い致します。

さいごに

ラジオパーソナリティーを目指している方が読んでくださっているようなので、今回はこんな記事を書いてみました。

キャラや目標が定まらないと考え込むよりも、小さな事でも一つ一つ丁寧に積み重ねていけば、いつか形になってやりたい事の方向性が見えてくるかもしれませんよ。

夢は追いかけるもの

希望は叶えるもの

前向きにプロセスを楽しんで行きましょう!

少しでも参考になれば幸いです。

Pocket
LINEで送る

ランキング参加中!
金魚のchu!画像をクリックして下さい。
順位UPのご協力をお願いします!


本日も最後までお付き合い頂きまして、ありがとうございました。
次回をお楽しみに!

toiawase


現在コメントは受け付けていません。
Sorry, I do not currently accept comments
取材、広告等のお問い合わせは、下のフォームをご利用下さい。

スポンサーリンク