一流らんちゅう愛好家が関東東錦を作ったら

訪問ありがとうございます。
鎌倉FM放送からお届けする”世にも珍しい金魚のラジオ番組”「金魚と遊ぶ.com」も宜しくお願い致します。 
鎌倉FMは電波の届かない地域からでもPC又はスマートフォンでお聴きいただけけます・・・
武家の古都、湘南・鎌倉の風をラジオから感じてみて下さい。

下の”鎌倉FMバナー”から聴く事が出来ます
(リンク先で▷をクリックして下さい)

banner.gif

次回の放送は・・・
10月9日(月)夜7時10分~30分
お聴き逃しなく!

p3900940-thumbnail2
Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

金魚専門店「丸文横浜店」

我が家と鎌倉や湘南のサーフポイントとの中間地点にある金魚屋さん。

それに丸文さんの近所には親戚が住んでいるので自然とよく通ってしまうのです。

お店に行くと、ほぼ確実に何かしらのゴージャスな金魚を見る事ができるからまた凄い。

そんなこんなで今日も軽く波に乗った帰りにお邪魔してきました。

そして今回はどんなお宝金魚に出会えたのか?

矢作東錦

じゃじゃ~ん

大きさは全長で約30cmくらいはあったかな。

こんな大きな関東東錦が優雅に泳いでる姿は圧巻でしたよ。

作者はなんと、らんちゅうの超一流愛好家として有名な矢作氏。

生きる宝石とか金魚の王様なんて言われて、全国各地で歴史と格式のある品評会が毎年行われるらんちゅうの世界。

そんならんちゅうの世界で高名な愛好家が関東東錦を作るとこんなにも大きく極太になるんですね。

どの世界でもいえる事なんでしょうが、 一流で極めた作り手が手掛けた作品は、なんというかオーラが違います。

仔引きもした事の無い、作り手の苦労も知らない私が言うのも恐縮ですが、 泳ぎの優雅さ、色、艶、形、全てにおいて神がかってましたよ。

さいごに

しかしまぁ、近辺に琉金の古澤氏やらんちゅうの矢作氏の他、金魚界のスーパースターが多く在住されているのには驚きです。

このような方々が優れた金魚を作り続ける事によって、和の文化の一つである金魚の歴史を守ってくれているんですね。

その方達への支援も込めて、いつかまた私もこの様な素晴らしい金魚を譲って(買わせて)もらおうと思います。

Pocket
LINEで送る

ランキング参加中!
金魚のchu!画像をクリックして下さい。
順位UPのご協力をお願いします!


本日も最後までお付き合い頂きまして、ありがとうございました。
次回をお楽しみに!

toiawase


現在コメントは受け付けていません。
Sorry, I do not currently accept comments
取材、広告等のお問い合わせは、下のフォームをご利用下さい。

スポンサーリンク