YouTube始めました チャンネル登録 宜しくお願いします☟

金魚愛好家が会用で使う秘密のエサ?金魚色揚げ③

訪問ありがとうございます。
鎌倉FM放送からヤマツヨが隔週でお届けする”世にも珍しい金魚のラジオ番組”「金魚と遊ぶ.com」も宜しくお願い致します。 
鎌倉FMはPC又はスマートフォンでお聴きいただけけます・・・
武家の古都、湘南・鎌倉の風をラジオから感じてみて下さい。

下の”鎌倉FMバナー”から聴けます
(リンク先で▷をクリックして下さい)

banner.gif

次回の放送は・・・
10月5日(月)夜7時10分~30分

お聴き逃しなく!

DSC02636
Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

金魚の色揚げ方法

※こんな検証も始めたので、こうご期待

ポテンシャルを引き出す金魚餌今回は餌の紹介我が金魚師匠から餌をもらっちゃいました~♪オマエ頑張ってるから師匠、今秋は中々の良魚を(当歳・2歳...

一番簡単手軽に出来るのが、色揚げ用のエサを与えるという事ではないでしょうか。  ポピュラー色揚げ用のエサ

 艶姿

ただし、この餌は使用には注意が必要なので、よく説明文を読んでから与える事をお勧めします。 更に、 愛好家が品評会用に使用している秘密の色揚げ用えさがあると言うのです。(チョット大袈裟かな?)  それは、錦鯉用の色揚げエサ。

朱雀(すざく)

厳選したスピルリナを大量に配合し、色揚性能を極限まで追及した高性能の特殊飼料。

朱雀を与えて仕上げた我が家の古澤琉金の動画です。

スピルリナって何?

って事で調べてみました。

スピルリナはアフリカ等の汽水湖に発生する藻の一種でフラミンゴなどが主食としており、フラミンゴの紅色もこの藻の効果によるものとされています。 スピルリナの成分はアスタキサンチンで、これはやはり赤色の色揚げに効力で知られています。

では、実際の効果は?

私的感想ですが、強烈な色揚能力です。

と言うか効き過ぎです。 与えすぎると白い部分が黄ばんで汚いくらい。 色揚げと汚いの境目が一番綺麗なんだろうけど、そこが難しい。 真っ赤な猩々(ショウジョウ)琉金にはいいだろうけど、更紗の金魚なんかに与えるには配分の研究が必要です。 凄腕の愛好家はこの辺りにも抜かりがないんでしょうね。

浅葱色の色揚げ?

因みに私は、青色(浅葱色)の魚に赤の色揚げを与えると、秋の濃い青空色が出ると感じております。

我が家の深見江戸錦の深く濃い青

img_31531

志村東錦の浅葱色

img_14501

しかし以前「鈴木系東錦」のブリーダーが「東錦には絶対に色揚げ用のエサは与えない」とコメントしていたのも忘れていません。

金魚の発色は複雑で、餌の種類や与え方や飼育スタイルで考えが分かれる所でもあります。 エサだけでは解決しそうにないのでもっと研究することが沢山有りそうですね。

一言で東錦( アズマニシキ)と言っても種類や形、色合いなどによって呼び名が変わってきます。金魚と遊ぶ.comでは独自に東錦の種類を調べてみました。

色揚げエサの与え方

それから、 色揚げ用のエサはを与える際に絶対に守っている事は水温が20℃以下では与えないという事。 消化不良を起こすのも怖いですが、20℃くらいの水温で無いと魚の持っているものを引き出せないと考えているからです。

それと、これは私の経験談ですが。 色揚げ用のエサは酸化が早いです。 使う分だけビンなどに小分けして残りは冷蔵保存をお勧めします。

以前開封して3か月くらいの色揚げ用のエサを与えたのが原因と考えられる事で、大事な金魚を落としてしまった事があります。 (原因が断定できないので私的考です。)

この事故以来少しでも古くなったエサは使用しないようにしています。

※注意!朱雀は錦鯉用の餌であり、金魚用ではないので与える際は自己責任でお願いします。

さいごに

色揚げ餌

私のブログでも色々と紹介してきた色揚げ餌

皆それぞれ良い餌だと思います

ただ

私の経験上、強引さは否めないと感じています。

そこで、

オーガニック・・・

金魚の体に無理なく緩やかな・・・

魚が本来持つポテンシャルを引き出す・・・

人間で例えると、漢方のような効能のある

金魚と遊ぶ.comオリジナルブレンド餌

オススメです

金魚のポテンシャルを引き出す餌が誕生!お待たせしました金魚と遊ぶ.comで餌を販売させてもらう事となりました金魚に美味しい餌をお届け!過去の...

金魚と遊ぶオリジナルブレンド餌は

成分的に色揚げ効果も期待できます

おすすめ動画

Pocket
LINEで送る

土浦観賞魚センター 高取丸のバナーは サイドバーにあります
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする