YouTubeチャンネル登録と
インスタグラムのフォローお願い致します。


金魚と遊ぶ.comインスタグラム

banner.gif

金魚の色揚げ、浅葱色を濃くする方法?金魚色揚げ①

訪問ありがとうございます。

鎌倉FMラジオ番組”「金魚と遊ぶ.com」 
鎌倉FMはPC又はスマートフォンでお聴きいただけけます・・・

下の”鎌倉FMバナー”から聴けます
(リンク先で▷をクリックして下さい)

banner.gif


毎週月曜日 夜7時10分~30分
ぜひ聞いてください!

img_27141
Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

 金魚って綺麗ですよね。

その綺麗な理由の一つに「色」があると思うんです。

赤、オレンジ、黒、白、更紗、キャリコカラー、東錦なんかにに見られる浅葱色(濃いスカイブルー)など。

ただ、せっかくの綺麗な色も私の様に室内飼育をしていると色落ち、色が褪せていくんですよね。

数年前に金魚を飼い始めて暫くするとオレンジ色の金魚が真っ白になってしまって、当時何も分かっていない私は、病気だと思ってしまいましたからね。 そこからです、私が色揚げに拘るようになったのは。

最近になってようやく褪色させずに飼育出来るようになりました。

ベランダ飼育している琉金は色が見事に揚がって赤が濃くなりました。

室内の東錦もスカイブルーの濃さが増してきましたよ。 

rps20151018_172258-thumbnail2-150x150

ということで、金魚の色揚げを考えていこうと思います。  

今回は、まず基本から。

色を揚げるより先に、まず考えなきゃいけないのは金魚を褪色させない事。

金魚も生き物ですから、環境に適応する能力が備わっているようで、色も環境に合わせるようなんです。

過去に飼っていた東錦の画像で確認出来ます。

rps20140514_193935_291

エラの黒い部分がわかりやすいかも。  調子を崩した際に白い発泡スチロール箱で塩浴させてたらこのように色が褪せてきました。 

周りが白系の明るい色の環境で飼育すると褪色するんですね。

そこで、我が家の室内水槽は黒のバックスクリーンと底にはベアタンクで黒のアクリルシートを敷いています。

rps20150116_173107_174

そうすることによって、大分褪色を防げるようになりました。

この事が、色揚げを助ける事にもなってきます。

今回はここまでとします。

一回で書き切れる内容ではないので、以後「金魚の色揚げ考察」というカテゴリで数回に分けて気まぐれな思い付きで不定期に発信させてもらうので宜しくお願い致します。

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする